【7/3公開映画】レイニーデイ・イン・ニューヨーク

エンタメ

今をときめくティモシー・シャラメ主演、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスら人気若手俳優たちをキャストに迎え、巨匠ウッディ・アレン監督がメガホンをとったロマンティックコメディ。大学生のカップル、ギャツビーとアシュレーは、同じ大学で出逢った恋人同士。アシュレーが学校の課題で有名な映画監督ローランド・ポラードにマンハッタンでインタビューをするというチャンスが訪れ、生粋のニューヨーカーのギャッツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーにニューヨークの街を案内するためのさまざまなプランを詰め込み二人でロマンティックな週末をニューヨークで過ごすはずだった。しかし、その計画は狂い出し、二人は思いもよらない破天荒な週末を過ごすことになる。

ピアノと雨と恋心、美しいニューヨークの街並みにきっと恋をする

鬱陶しい雨が、映画製作チームたちの魔法にかかれば雨がなんとも美しく幻想的な演出に。若くて瑞々しいキャスト陣、ファッション、インテリア、そして美しいニューヨークの街並みが雨とピアノの音によりさらに魅力的に。

思わず口をあんぐりさせるような最後の展開。でも大学生の頃の恋愛ってこんなものよねと妙に納得してしまったり。とにかくニューヨークに行きたくなるような作品です。

ティモシー・シャラメの美しい歌声と劇中のピアノの曲が美しい

ギャツビー演じるのは、いまをときめくティモシー・シャラメ

アシュレー演じるのはエル・ファニング とにかく可愛い♡

ギャツビーの元恋人の妹のチャン演じるのはセレーナ・ゴメス

 

ニューヨークのシンボルMOMA美術館も舞台に

人生や人の心は空模様のように予想できず気まぐれに変わる

とにかくお洒落で美しい作品。ストーリーとしては全く難しくもなく、悲しんだり泣いたりするようなシーンは一切ないラブコメディ。ただただおしゃれ、視覚から楽しめる。

いま、世界はこのような状況で、海外旅行に行けるようになるのはいつになるか・・だけどこの映画を観て少しでもニューヨークに行った気分になってもらえたら・・♪

上映映画館

大阪ステーションシネマ イオンシネマ茨木 MOVIX堺
なんばパークスシネマ ユナイテッドシネマ枚方 109シネマズ箕面
MOVIX八尾 MOVIX尼崎 シネ・リーブル神戸
Tジョイ京都 MOVIX京都
監督:ウッディ・アレン
キャスト: ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス
製作: 2019年製作/92分/PG12/アメリカ
原題A Rainy Day in New York
配給:ロングライド
公式サイトhttps://longride.jp/rdiny/
KANSAIPRESS編集部から
嫌いな雨をこんなにも美しく情緒的に描かれると、雨ってそんなに悪くないよねとさえも思ってしまう。今現在のニューヨークがこの映画のようなニューヨークの街に戻るのにはまだまだ時間がかかるのでしょうか。それにしてもティモシー・シャラメ大活躍ですね。確かにかっこいい。

文/ごとうまき