西野亮廣に学べ!うまい話し手になるには?

Youtube

話し上手になるために

説明の上手い下手によってその先の人生に影響してくることもあります。

ちょっとした努力とテクニック次第で誰でも説明が上手な人になれる、と西野亮廣は言います。
話し上手・書き上手の西野亮廣が語る、伝わる話し方とは?

努力と優しさ

説明が上手な人は、もともとそういう才能があると決めつけてはいませんか?
説明が上手か下手かは、努力したかしてないかで分かれてしまいます。
相手に上手に伝えられるようになるためには、その分人に伝える練習をしっかりしなくてはいけないのです。

また、人と話をする時・人に何かを伝える時は、話す相手の時間を奪っているということを意識しましょう。
説明上手になれば短時間で相手に物事を伝えられますから、相手の時間を無駄にしない優しさにも繋がるのです。

相手との関係性を考える

上手に説明する時のコツについては、これもまた相手のことを考える優しさと相手を見抜く力が必要になります。

重要なのは、相手が自分に興味があるかないか
相手が自分に興味を持ってくれている場合は、当然話す内容を前向きに聞いてくれます。ですから、フリからオチに持っていく流れが良いでしょう。
しかし相手が自分に興味がない場合は、結論を先延ばしにせずに、先に結論を話してしまえば良いのです。

まとめ

説明上手になるために努力を惜しむな!
とにかくたくさん話す練習をすることが大切。その上で、相手との関係性に応じた話し方をすることがポイントです。

動画を見た人の口コミ

 

KANSAIPRESS編集部から一言

聞き手あっての話し手。自分本位の話し方にならにように気を付けなくてはいけませんね。
話し上手である西野亮廣をお手本にしてみましょう!

※アイキャッチ画像の出典:西野亮廣エンタメ研究所