お金に興味がない西野亮廣が自己投資するそのワケとは?

※アイキャッチ画像の出典:西野亮廣エンタメ研究所
Youtube

自己投資の必要性

西野亮廣がお金に興味がないという話は有名で、本人曰くそれは今も変わっていないということです。
しかし正確には、生活費としてのお金には興味がないのですが、クリエイターとして活動するための製作費には興味があるそうです。

そこで、お金の使い方や自己投資の必要性について西野亮廣が語りました。

家は賃貸派?分譲派?

ある一定の年齢になってくるとよく出る話題に、「賃貸に住み続けた方が得なのか、マイホームを買った方が良いのか」というものがあります。

それぞれのメリットデメリットを考える

賃貸に住み続けた場合は、家を買う時のように多額の借金を背負うことはありません。しかし、一生家賃を払い続けることになります。

一方で、家を買った場合は大きな借金こそ出来てしまいますが、将来的にその家は「資産」として残すことが出来るのです。

作業効率・仕事効率を考える

家を買った場合、家そのものを自由にカスタマイズ出来るようになります。つまり、自分が生活しやすいように、仕事をしやすいよう環境を作ることが出来るのです。

一方で賃貸の場合には多くの制限があるため、自分好みの家・環境を作ることはなかなか難しいです。

お金をかけて快適な環境を整えることは、ストレスを溜めずに生活・作業が出来ることに繋がり、それは自分への先行投資でもあるのです。

まとめ

人それぞれ環境は違うため一概に言えない部分もありますが、仕事効率・作業効率を上げる環境づくりのために投資をすることは必要、と西野亮廣は考えているようです。

動画を見た人の口コミ

https://twitter.com/9TD5QYVFrLoySqE/status/1207488904670121985

KANSAIPRESS編集部から一言

効率よく仕事をすることはとても大事なことですね。環境を整えるための投資をしすることでより良い結果が生み出せるのであえば、決して損ではないはずです!

※アイキャッチ画像の出典:西野亮廣エンタメ研究所