鶏と魚のプロによる絶品ラーメン店・白湯製人がオープン!

大阪

1月15日に豊中市に新しいラーメン屋・白湯製人(ぱいたんせいじん)がオープンしました。

バルタン星人を連想させるかのようなインパクトのある名前が印象的で、一度店名を聞いたら忘れることはないでしょう。そしてもちろんラーメンの味も素晴らしく、店名と同じくインパクトを与えてくれるようです。

こちらのお店は、神戸市東部中央卸売市場にある「神戸魚優」と焼き鳥や鶏料理専門店の「野乃鳥」とがコラボして作ったお店で、魚・鶏の両方の旨味を感じられる絶品ラーメンが味わえます。

そんなオープンしたての白湯製人について詳しく見て行くことにしましょう。

料理メニュー

白湯製人で出されているラーメンの特徴やメニューをチェックしましょう!

Wの白湯スープが味の決め手に

白湯製人が売りにしている白湯スープは鶏と魚のWスープです。

鶏は播州百日鶏を使っており、8時間もの間じっくり煮込んで旨味を出しています。そこに鯛のアラを使って抽出した出汁をプラスさせてスープの完成です。鶏の風味と鯛の風味のバランスが取れた白湯スープとなっています。

そこに塩だれを入れてまろやかでコクのあるスープに仕上げており、女性でも最後の一滴まで飲み干せるほどです。

チャーシューは、播州百日鶏と三田ポークの2種類の肉を使っており、どちらも柔らかくて口の中でほどけていきます。

そして麺は、もちもちの太麺・全粒粉の細麺のどちらか好みの物を選ぶことが出来、どちらも鶏と魚のダブルスープとの相性が抜群に良いです。

メニュー一覧

・白湯ラーメン:850円
・白湯ワンタン麺:1000円
・白湯チャーシュー麺:1100円
・白湯出汁めし:200円
・白湯ワンタン:300円
・播州からあげ:380円

スタイリッシュなデザイン

コンクリート打ちっぱなしの白い外壁に青い暖簾が映えており、とてもスタイリッシュな外観です。白い壁には丸い窓が1つ付いており、それもまたおしゃれです。店内は木のテーブルと椅子のカウンター席のみで、シンプルな印象の内装になっています。

実際に訪れた人の声


https://twitter.com/tiena_kato/status/1216228703316762626
https://twitter.com/Gx1oa_TRIkounag/status/1217320757241339905


https://twitter.com/eARd6LHipjT9mZ7/status/1217396052220710912

KANSAIPRESS編集部から一言

鶏と魚それぞれのプロの知識と技術が組み合わさって出来たラーメンは絶品!旨味が強い者同士のスープですが、とてもバランスが良く、さらに無化調で身体に優しいというのも魅力的なポイントです。ラーメンが美味しいのはもちろんですが、サイドメニューも美味しい物ばかりなので、是非ラーメンとセットで注文するのがおすすめです!

白湯製人【店舗情報】

住所:大阪府豊中市中桜塚3-10-2
営業時間:11:30~21:00
(現地絵100食のため、無くなり次第終了)
定休日:水曜日
アクセス:阪急宝塚線岡町駅より徒歩5分
公式Instagram:https://www.instagram.com/paitan_seijin/

※アイキャッチ画像の出典:白湯製人公式Instagram