【お家で楽しめる】親子で工作!手作りおもちゃを作ろう!

※アイキャッチ画像の出典:pixabay
その他

休校中の子どもと自宅で遊ぶにもネタ切れするもの。しかも、子どもはすぐ飽きてしまうので、いくら親が工夫して色々考えてあげても、そう長続きはしません。

そんな時は親子で工作をしてみてはいかがでしょうか。工作であれば、1つの作品を作るのにも時間がかかりますし、時間がかかった分達成感も得られるはず。

そこで、親子で楽しめるおすすめ工作について紹介します。

自宅工作のメリット

工作では、色んな材料を使った細かい作業をします。そのため、手先が器用になるだけではなく、素材ごとの使い方や扱い方を学ぶことができるのです。また、時間をかけて1つの物を作ることで集中力も養われます。

親からすると、ついつい手を出したくなるかもしれませんが、そこはグッと堪えて、子どものたちの想像力・思考力に任せて工作をさせてみると良いかもしれません。

子どもにおすすめの工作

では実際に子どもたちにおすすめの工作を紹介していきます。身近にあるもので簡単にできるので、明日にでもすぐに始められます。

ペットボトルビーズ

女の子はきれいなものやかわいいものが大好き。実はペットボトルで簡単にビーズが作れちゃうんです。プラバン工作が流行りましたが、それと同じ要領でペットボトルを使ってビーズを作るのです。

【用意するもの】

  • ペットボトル1個(炭酸のもの)
  • 油性ペン(複数色あればなお良い)

まずはペットボトルを細長に切り取ります。切り取ったペットボトルに好きな模様を描いたら、1センチ×2.5センチの大きさにさらに細かくカットしていきます。

あとはプラバンと同様、熱を加えるだけ。くしゃくしゃにしたアルミホイルを広げてオーブントースターに広げたら、その上に先ほどカットしたペットボトルを乗せて行きます。この時、ペットボトル同士がくっつかないように間隔を開けるようにしましょう。
クルンとビーズ上に丸まったら完成。紐に通してブレスレットなどにしてもかわいいです。

手作り時計

時間のお勉強にも役立つ時計を手作りしてみてはどうでしょうか。

【用意するもの】

  • 段ボールなどの厚紙
  • 色画用紙(あれば)
  • 割ピン
  • 色マジックや色鉛筆

まずは段ボールを丸くカットして時計の土台を作ります。残った段ボールで針も作りましょう。
段ボールだけで作ることもできますが、よりかわいくしたい場合は、文字盤に色画用紙を貼ったり、数字を色画用紙で作ったりなどしてみると良いでしょう。また、針の形にカットした段ボールに、マスキングテープをぐるぐる巻いていくと、簡単にかわいい針が作れます。

文字盤に針を付ける時は割ピンがおすすめ。ただし、裏側に貫通するので、貫通したところは怪我をしないようにテープで止めておくようにしましょう。

紙コップけん玉

家にあるものでけん玉遊びもできます。

【用意するもの】

  • 紙コップ2つ
  • テープ
  • ティッシュ

まずは紐を端に玉結びを作ったら、それを紙コップの底にテープで貼って固定します。次にけん玉のボールをティッシュを丸めて作ります。なるべくギューッと丸め、最後にテープを巻いて形を整えます。ビニールテープだと巻きやすいでしょう。

もう1つの紙コップを用意し、そこ同士をテープで繋げます。あとは、紐の先に先ほど丸めて作ったティッシュのボールをくっつければ完成です。

紐の長さが長くなれば長くなるほど難易度が上がるので、子どもの年齢に合わせて調整してあげると良いでしょう。

お家工作をした人の口コミ

KANSAIPRESS編集部からの一言

作品を作り上げることはとても良いことですが、何よりお子さんがお母さんやお父さんと一緒に楽しめるというところが最大の魅力といえますね。自分で作ったおもちゃなら愛着が湧くので、いつまでも大切に使ってくれるはず!

※アイキャッチ画像の出典:pixabay