【お家で楽しめる】家にいながら心と音を1つに!

※アイキャッチ画像の出典:pixabay
その他

外に出られない期間が続く中、色々な物事のオンライン化も進んでいます。最近動画サイトなどでよく見かけるのがオンライン合奏。演奏家や歌手たちが、それぞれの場所で歌ったり演奏したりして、音楽を提供してくれています。

またそれだけでなく、人気歌手が歌っている動画に合わせて、一緒に歌ってみたり楽器を合わせてみたりなど、アーティスト以外の人も音楽に参加して楽しむ姿も良く見られるほどです。

そこで、オンライン合奏のやり方やおすすめのツールなどについて詳しく見ていくことにしましょう。

オンライン合奏とは

オンライン上で複数の人たちが演奏して音楽を楽しむことです。最近話題になったのが歌手の星野源が配信した動画。自分の歌に合わせて、誰か歌や楽器を合わせてほしい、という内容のものでした。
この配信をきっかけに、多くの音楽好きの人たちやプロのミュージシャンなどが、星野源とオンライン上でコラボしたのです。

このようにオンラインであれば、人気歌手ともセッションができてしまうので、そういったところも魅力的。また、演奏の場が無くなってしまった演奏家はオンライン上であれば音楽を提供でき、演奏会に行くはずだったお客さん側はオンラインで演奏を聴くことができるので、双方にメリットがあります。

オンライン合奏のやり方

実際の合奏は、せーの!で呼吸を合わせて同時に演奏するものですが、オンライン上では同時演奏はなかなか難しいです。
ミーティングなどではZOOMやSkypeといったツールがよく使われていますが、どのツールも「時差」が生じてしまうので、これらのツールを使ってオンライン上で同時演奏することはかなり困難です。

そのため、歌ったり演奏したりしている動画を各自で撮影し、それらの動画を編集する方法が一般的になっています。そしてなんと、たった3つのアプリだけでオンライン合奏ができてしまうのです。

それぞれの演奏動画を撮影

まずはそれぞれが演奏している動画を撮影します。これはスマホにもともと入っているアプリでOK。ただし、内臓マイクだと性能があまりよくなくノイズが入ってしまう場合がありますので、別途マイクを付けて録音するのも良いかもしれません。

動画を共有

演奏動画の場合は5分くらいのものが多いのです。そのため、写真アプリの「共有アルバム」を使うのがおすすめ。新規で共有アルバムを作成し、それぞれで撮った動画を1つの共有アルバムに集めておけば、あとから編集もしやすいです。

動画を編集して合奏形態に

動画の編集というとちょっと難しく感じてしまう人も多いかもしれません。しかし、「iMovie」というアプリを使えば簡単に動画編集ができます。タイミングなどを細かく調整できるので、別々に撮影した動画も見事に1つの動画に編集することができます。

すでに配信されているアーティスト動画とのコラボを楽しみたいという人は、アーティストの動画と自分の動画とをこのアプリで編集するだけでOKです。

きれいな音質を求めるなら

手軽に合奏しようとする場合、スマホに内蔵されているカメラアプリで撮影することが多いでしょう。その際、マイクなどを付けずに内蔵のマイクで録ると、ノイズが入ってしまう場合があります。

そのため、よりきれいな音質で録画したいということであれば、上でも少し触れたように高性能マイクを使って録画するか、もしくは編集でノイズを削除するかどちらかです。

ノイズ除去はiMovieでも行えますが、Macにのみ対応しているためiPhone・iPadではノイズが除去できません。その場合は「AudioFix」というアプリがおすすめ。ボタン1つで色んなパターンの除去を試せるので、初心者でも簡単に編集ができます。

オンライン合奏をした人の声

https://twitter.com/MusicMawa/status/1257695485592133633

https://twitter.com/rinrin46705800/status/1254403622223245312

 

KANSAIPRESS編集部からの一言

オンライン上で音楽を演奏できてしまうとは驚きです。音楽を聴いて楽しむのも良いですが、自分も音楽に参加してみたい!という人は、このオンライン合奏を試してみてはいかがでしょうか。

※アイキャッチ画像の出典:pixabay