映画

エンタメ

【お家で観れる編集部おススメ映画】世界が終わるときあなたは誰と何をして過ごしますか?「火口の二人」

ただ寝て、食べて、セックスをする。人間の本質的なことが描かれた愛おしい作品 アマゾンプライムビデオで視聴可能。 Amazon prime video 2019年8月に公開された「火口のふたり」監督・脚本は荒井晴彦さん、キャストは柄本佑さんと瀧内公美の二人だけの出演の映画だ。   2011年の東日本大震災をきっかけに直木賞作家・白石一文さんによって書かれた小説を映画化した作品で、生と性についてリアルに描かれた作品である。 画像=『火口のふたり』(C)2019「火口のふたり」製作委員会 賢治と直子、かつて恋人だった二人は実は従兄弟という関係でもある。数年ぶりに直子の結婚式に出席するために再会した二人だが、「もう一度あの頃に戻ってみない?」という直子の提案で一晩を共にするが、そこから婚約者が帰ってくるまでの数日間二人はむさぼり合う。 セックスだけではない、食べて寝て、といった羨ましいくらいに人間の本質的な図がそこにはある。男と女、いや、まるでアダムとイヴのような・・・誰もが持っている奥深いもの。理性と本能の狭間で揺れる二人の関係を通して「自分の身体の言い分に正直になりなさい」というメッセージが込められている。 こんな時だからこそ、自分を見つめなおす時 R18指定だけあって、とにかくセックスのシーンが多い(笑)だけど「エロス」という言葉一つでは片付けられないものがある。 「身体の言い分に耳を傾ける」 この映画はセックスシーンが多いけれど、セックスだけではなくて、今カラダが欲してるコト、例えば食べたいものを食べたり、寝たい時に寝る、疲れた時には休んだりマッサージに行ったりといったような、もっと自分の身体の声、頭と心の声に耳を傾けてあげることが大切なんだと。もっと言うと男だからとか女だからとか、パパだからママだから、年齢などといった世間体や誰かが決めた「普通」っていうものなどは考えずに自分の感情や身体、さらには生き方にも正直になろうよ というメッセージではないだろうか。 いま、世界はとんでもない状況だ。自分のしたい事ができない、思うように行かない、会いたい人に会えない、それどころか明日の生活さえままならない人もいる。といったそんな中、今一度自分の身体と心の言い分に耳を傾けてほしい。きっとこの期間が自分を見つめ直す時間になるから。 画像=『火口のふたり』(C)2019「火口のふたり」製作委員会 原作: 白石一文 脚本・監督:荒井晴彦 キャスト:柄本佑・瀧内公美 音楽:下田逸郎 公式サイト:http://kakounofutari-movie.jp/ 配給:ファントム・フィルム KANSAIPRESS編集部から Amazonprime,Netflix,huluなどで様々なコンテンツが観れても、私は劇場で最新の映画を観たい派だ。さすがに3月から徐々に映画館に行けなくなりお家で観ることに・・。でもこれはこれで楽しい。「火口の二人」2019年ザッと数えて50本ほどの映画を劇場で観たけど、個人的には2019年度のベスト3に入る映画だ。なぜこんなにも自分の琴線に触れたのか、そこを掘り下げると単純に青春時代に過ごした元恋人の存在が心のどこかにあるからかもしれない。 女目線からーーー直子の発する言葉などにウンウンと頷いてしまう。白石一文さんの小説はこの作品以外にも何作品か読んだことがある。毎回思うのは白石さんは女というものをよく分かっている。ラストは思わぬ展開で、思わず笑ってしまった。もう一度言うがこの映画は決して「エロ」ではない!今こそ観て欲しい、わたしの推し映画。 文/後藤麻希 アイキャッチ画像= 火口の二人製作委員会

エンタメ

今観てほしいおススメ映画「レ・ミゼラブル」

現代社会が抱える闇を描いた作品「レ・ミゼラブル」 ビクトル・ユーゴの小説「レ・ミゼラブル」度々映画化されミュージカルでも有名なこの作品の舞台となったパリ郊外のモンフェルメイユは現在は犯罪多発地区の一部である。ある事件をきっかけに警官が移民の男の子に発砲、それをきっかけにとんでもない大きな暴動に発展してしまう。モンフェルメイユ出身で現在もこの地に暮らすラジ・リの初長編監督作品で、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞している。ラジ・リ監督の体験に基づいた話であり、ドキュメンタリー要素のある映画である。 シェルブールから赴任してきた善良な警官のステファン(写真左)と正義のなんたるかを忘れた警官(写真中央と右)引用元https://www.la-croix.com/Culture/Cinema/Cannes-2019-Miserables-lautre-cote-periph-2019-05-15-1201022133 フランスでは都市郊外のスラム化が社会問題になっていて、ヨーロッパ全土にも広がっている。特に移民を受け入れているフランスでは、宗教と人種の入り混じった難民問題がありそれが事件や事故に発展することがある。 「絶望」という言葉がぴったりなこの街は、権力と暴力でふりかざす良心のかけらもない警官や、麻薬の売人やロマのサーカス団、無学で暴力と悪意しかない地域の大人たちとそれに虐められる子どもたち、移民と低所得層がひしめき合っている。警察官が移民の男の子に発砲する事件がおこり、それをきっかけに今までの積り積もったものが爆発する。「格差社会の現実の悲惨さを」描いた物語で、こうした現状を作った社会や政治に対してのメッセージである。 ちょっとした悪戯心からライオンを盗んだ移民の少年(写真右)をきっかけに物語はとんでもない展開へと進む。引用元https://intrld.com/les-miserables-de-ladj-ly-aura-le-droit-a-une-trilogie/ 監督 ラジ・リ キャスト ダミアン・ボナール 公式サイトhttp://lesmiserables-movie.com/ 上映映画館 大阪 シネ・リーブル梅田https://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/ 神戸 シネ・リーブル神戸https://www.ttcg.jp/cinelibre_kobe/ 京都 京都シネマhttps://www.kyotocinema.jp/ kansaipress編集部から 最後に出てくるビクトル・ユーゴの言葉「よく覚えておきなさい。世の中には悪い草も悪い人間もいない。ただ、育てるものが悪いだけだ」のように、この物語の子どもたちも彼らの周りにいる大人同様理性の利かない愚かな大人になり、またその子供も同じようにと、負の連鎖は続いていく。どこかで負の連鎖を断ち切らないといけないのに、どうすることもできない。それを教えるものもいないし、知る術もなく知ろうともしない。優雅で華やかで、お洒落で哲学的な街 パリ。だけど見ている部分はほんの一部で郊外に行けばこれが現実である。ドキュメンタリー映画じゃないか思うぐらいにリアルである。予告で言ってある通り最後の30分は恐ろしくもあり衝撃的だった。 文/後藤麻希  

エンタメ

「黒い司法」映画の紹介

今観て欲しいおススメ映画 舞台は1980年代の、アラバマ州 ハーバード大学卒のエリート弁護士が立証不可能な冤罪に挑んでいく感動実話。 この映画は2014年に発表されたブライアン・スティーヴンソンの『黒い司法 死刑大国アメリカの冤罪』を原作としている。 「冤罪」「死刑制度」「人種差別」「貧困」考えさせられる。昔の話ではなくつい30年前の話、人種差別の根深さを感じる。 正義とは何か。決して綺麗事ではうまくいかない。だけど「最終的には強い信念と情熱が勝つ」そう信じたい。 https://www.tvgroove.com/?p=22490 より引用 死刑囚一人一人に家族のように寄り添い共感し、検察官や街の人々からの痛烈な嫌がらせにも耐えて戦った弁護士ブライアン。絶望の淵にいる死刑囚を救ったブライアンはアメリカのヒーローそのものだ。 まるで傍聴席に座っている気分になりハラハラドキドキ、涙なしでは見れない。力強く、優しく、元気をもらえる作品だ。大逆転の瞬間の感動を是非味わってほしい。 オフィシャルサイト http://wwws.warnerbros.co.jp/kuroi-shiho/ スタッフキャスト マイケル・B・ジョーダン ジェイミー・フォックス ブリー・ラーソン 他 監督 デスティン・ダニエル・クレットン kannsaipress編集部から この映画の原題は「just mercy」この背景には様々な意味が込められていてとても深い。 ブライアンが劇中でよく着ているサックスブルーのワイシャツが美しく、また ブライアン(マイケル.Bジョーダン)のキレイな瞳、鍛え上げられたカラダにスーツ姿、うっとりする。 重く悲しい物語が淡々と進む中、劇中歌として流れるゴスペルに癒され心が洗われました。そして泣けます。 上映中の映画館情報 大阪 大阪ステーションシネマ https://www.osakastationcitycinema.com/site/oscc/ なんばパークスシネマ https://www.parkscinema.com/site/namba/ MOVIX八尾 https://www.smt-cinema.com/site/yao/index.html MOVIX堺 https://www.smt-cinema.com/site/sakai/index.html 109シネマズ箕面 https://109cinemas.net/minoh/ 兵庫 MOVIXあまがさき https://www.smt-cinema.com/site/amagasaki/index.html シネ・リーブル神戸 https://www.ttcg.jp/cinelibre_kobe/ 京都 MOVIX京都 https://www.smt-cinema.com/site/kyoto/index.html 文/後藤麻希    

エンタメ

リム・カーワイ監督 最新作 『Come and Go!』無事クランクアップ!

リム・カーワイ監督の長編8作目「Come and Go」無事にクランクアップしました! 大阪梅田に海外スターを集結させた本作品は、アジアを中心に注目を集めるのは間違いないだろう。 「Come and Go」に出演された「リエン・ビン・ファット氏」は、ベトナムで最優秀男優賞を受賞!! 撮影日数20日間、メインキャスト20数名、出演者の国籍が10数國にも及び、8カ国の言葉が交わされ、梅田周辺オールロケ、ロケ地だけでも100箇所ぐらいある!しかし申し訳ないほど低予算で総スタッフが20名弱、その中、映画初現場の方々も多い!撮影準備が3週間もなかった。これが達成できたのはスタッフ、キャスト、応援、協賛してくれた全員のおかげ!この素晴らしいチームワークにはほんまに涙が出る!いくら感謝しても足りない!迷惑をかけた方々にもここでお詫びさせて頂く 。 でも、これは多分すごい映画になると思う。カメラを止めるなほどヒットしないだろうが、日本の自主映画史に記念すべきな1本になるに違いない。 今年中、各国際映画祭に出品、来年春以後日本を皮切りに、アジア各国の劇場公開を目指そうとして、今後とも宜しくお願いします!!! クランクアップ後 リム監督 Facebookより引用 日本での公開は来春! 今秋、国際映画祭に出展予定らしい。 今から楽しみで仕方ない映画ですね!!

エンタメ

リム・カーワイ監督 最新作 『Come and Go!』がクランクイン!

リム・カーワイ監督の最新作『Come and Go!』の撮影がスタートした。 リム監督は既に「新世界の夜明け」、「恋するミナミ」を制作・発表しており、本作は大阪を舞台にした3つ目の作品となる。 『Come and Go!』は前述の2作品とは違い大阪のキタを舞台にしているため、撮影の多くは大阪・梅田周辺で行われている。   今年1月から書類審査、オーディションと行い、多くの出演者を募ってきた同作。 日本人キャストはもちろん、海外のキャストも多くまさにインバウンド大国「大阪」を描いている。   海外のキャストといえば日本、ネパール、マレーシア、ベトナム、香港、台湾のトップクラスの俳優たちがこの企画に共感し、映画出演のために来阪している。 とりわけ、巨匠ツァイ・ミンリャン(蔡明亮)作品の“ シャオカン(小康)”役で登場している、台湾が誇る世界的な俳優のリー・カーション(李康生)が出演決定し話題を呼んだ。 全キャストはまたKANSAIPRESS上でも発表する予定なので、楽しみにしていて欲しい。       新元号 令和が発表となった本日、撮影も佳境に差し掛かり完成が待ち遠しい限り。 “その日”が来るのを今か今かと楽しみにしましょう!

大阪アジアン映画祭その他

第14回 大阪アジアン映画祭 潜入レポート!

3月8日(金)〜3月17日(日)に大阪市内の4会場で開催されている大阪アジアン映画祭に行ってきました! 大阪アジアン映画祭:http://www.oaff.jp/2019/ja/index.html テーマは「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」ということで大阪から情報を発信しようとしているKANSAIPRESSにぴったりのイベントです! 会場は下記の4つ ABCホール(福島・ほたるまち[朝日放送社屋内]) 大阪市福島区福島1-1-30 06-6451-6573 シネ・リーブル梅田3F・4F(梅田) 大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビルタワーイースト3・4階 06-6440-5930 阪急うめだホール(梅田) 大阪市北区角田町8-7 阪急百貨店うめだ本店9階 06-6313-2991 国立国際美術館(中之島) 大阪市北区中之島4-2-55 06-6447-4680 上映作品は54作品! オープニング・クロージングに2作品 コンペティション部門に14作品 特集企画《ニューアクション! アジア》に7作品 インディ・フォーラム部門に10作品、特別招待作品部門に4作品 特集企画《Special Focus on Hong Kong 2019》に6作品 特集企画《台湾:電影ルネッサンス2019》に7作品 協賛企画《芳泉文化財団の映像研究助成》に4作品 の合計54作品が出展されています。 ゲストも多数参加されています! 各日程ごとに多数のゲストが出演予定となっております。 出演ゲストはHPをご参照ください。 HP:大阪アジアン映画祭 私が参加した日は『どこでもない、ここしかない』や『恋するミナミ』の監督をされているリム・カーワイ監督と新作『いつか、どこかで』の主演女優のアデラ・ソー(蘇嘉慧)さんが参加されていました。 映画の上映後には質問タイムも設けられ、リム監督の軽快なトークで会場は盛り上がっていました! 第14回大阪アジアン映画祭は3/17まで! アジアン映画の空気感を感じてみたい方はぜひ、この機会に大阪アジアン映画祭に参加されてはいかがでしょう。 チケットや公開スケジュールなどはHPをご参照くださいね! 【第14回大阪アジアン映画祭】 http://www.oaff.jp/2019/ja/index.html

リム・カーワイ監督 大阪 映画EVENT

劇場公開映画「COME and GO 」出演者オーディション募集告知

2019年3月中旬〜4月中旬に、リム・カーワイ作品「COME and GO」という作品を撮影します。撮影ロケ地は大阪キタ周辺!そこで出演者を募集致します。是非ご応募ください。 物語概要  春、桜が咲く前、大阪の中崎町にある古い木造のアパートで、白骨化した老婦人の遺体が発見された。警察は実況見分で、アパートの周りの捜査や、関係者へ事情聴取を行う。孤独死か、財産絡みの謀殺かいろいろと噂が飛び交うも、事件の真相が徐々に明らかになっていく中、外国人と日本人の物語が大阪の中心、梅田周辺(キタ)で繰り広げられる。映画にメインに登場する外国人、日本人のキャラクターは20人以上。映画のスタイルはロサンゼルスに住む22人の登場人物の人間模様を描くロバート・アルトマン監督のマルチ視点の群像劇「ショート・カッツ」を彷彿させる。 物語背景  2025年大阪万博が決まり、インバウンドが盛んになっている今、大阪に住んでいる外国人や観光に来る外国人は増える一方。しかし日本人と外国人の相互理解は進まず、関心事は必ずしも一致するとは言えない現状だ。この映画は平成最後の年、大阪を舞台に、ここで暮らしている、海外からやってきた外国人と日本人との交流とズレ、日常と葛藤を描く多国籍ヒューマンドラマ。彼らが大阪のキタ周辺の街中で、交差やすれ違いを繰り返す中、いま現在日本と世界で起きていること、日本と世界の関係、日本と世界の問題が垣間見えるようになる。これはリム・カーワイ監督が「新世界の夜明け」、「恋するミナミ」に続き、日本と世界の関係を描く大阪三部作の最後一作と位置付けられる。 監督プロフィール リム・カーワイマレーシアで生まれ、大阪大学卒業後は通信業界で働いていたが、北京電影学院卒業後、2010年北京で「アフター・オール・ディーズ・イヤーズ」を自主制作し、長編デビュー。その後、香港で「マジック&ロス」、日本で「新世界の夜明け」、「恋するミナミ」を監督。2016年に中国全土で一般公開された商業映画「愛在深秋」を監督。過去作品は東京、大阪、台湾、ニューヨークのアート系劇場で特集を組まれたり、日本でも全国一般劇場公開されたりする。最新作はバルカン半島で自主制作した「どこでもない、ここしかない」。 書類審査  興味を持つ方はプロフィールと写真、参加する動機、特技などを以下のメールアドレスへ。comego2019@gmail.com締め切りは1月25日(金)書類審査を通った方々のみにメールで連絡する。一回目のオーディションは2月1日と2日、大阪で行う予定。ぜひ奮って応募してください。 オーディション  以下の役を募集。アマ、プロを問わず、事務所所属、フリー関係なく、日本全国、海外からも大歓迎。ぜひ奮って応募下さい。 日本人役:1)飯田伸二。70代退職してから一人で暮らしている。孤独を紛らわすため「おっさんレンタル」に登録して、若い女性に人気を得ている。2)富岡克彦。男、50代白骨事件を調査する刑事。3)白石裕也。男、50代日本語学校を経営している。学校は実は不法就労の求人、副業を仲介するビジネスを行っている。4)澤田竜司。男、40代中国人と組んでAV 女優を中国の金持ちなどにエスコートをする業務を始めたAV事務所社長。5)大塚健治。男、20代前半色々な派遣の仕事を転々としているフリーター6)ケンタ。男、30代デモ活動のリーダー。7)佳子。女、40代退屈な生活に耐えられなくて、難民に日本語を教えるボランティア活動している。8)マユミ。女、20代前半地方から大都会の大阪に来る。出会いカフェと漫画喫茶での生活を繰り返している「最貧困女子」。9)ナオミ。女、20代前半キャバクラ嬢、マユミが大阪で知り合った友達。外国人役:1)リー。男、30代。在日韓国人。釜山で風俗嬢をスカウトして大阪に連れてきて日本の様々な風俗に手配するブローカー。2)張良。男、40代、香港人。白タクの運転手、資格なしの観光ガイド。3)老黄。男、50代。中国人。初めて日本に観光しに来る中国人。4)小康。男、30代、台湾人。AVオタク。日本にアダルト関係のものを買い漁り、台湾で売る。5)アナンダ。男、35歳。タイ人。バンコクの大手旅行代理店で勤めている。新しいツアーを企画するために、大阪に出張しにくる。6)モウサン。男、ネパール人。難民申請中、イケイケのネパール難民で、カフェで働いている。7)アリ。男、アフリカ人。難民申請中、アリと同じカフェで働いている難民。8)ナム。男、ベトナム人。工場での重労働と安い賃金に耐えられず、逃亡を図るベトナム人の技能実習生9)リタ。女、20代、ミャンマーの留学生。大阪のファッション専門学校に通いながら、コンビニでアルバイトをしている。注:以上国籍以外の方も大歓迎。採用された方の国籍に合わせてシナリオを書き直すことは可能。 撮影日程 3月中旬~4月上旬 ロケ地:大阪 制作 cinema drifters 合同会社 問い合わせ comego2019@gmail.com

リム・カーワイ監督 どこでもない、ここしかない シネ・ヌーヴォエンタメ

リム・カーワイ監督 最新作『どこでもない、ここしかない』は脚本のない型破りな映画!!

大阪を活動拠点に『新世界の夜明け』『恋するミナミ』等を制作してきたリム・カーワイ監督の最新作が大阪で公開される。 アジアからヨーロッパまで大陸を旅し、各国の政治、暮らし、文化を見つめ続けたリム監督。 2年前、スロベニアとそこで出逢ったゲストハウスの経営者フェルディ・ルッビジ夫妻と仲間たちに魅せられた監督は、最小限のスタッフと共に再び彼らを訪ね、現地に住む人々と一緒に即興で1本の映画を完成させた。 究極のドリフト・ムービー『どこでもない、ここしかない』についてリム監督にインタビューさせていただいた。 大阪を愛し、大阪で暮らす映画監督”リム・カーワイ” リム・カーワイ Lim Kah Wai 映画監督。1973年マレーシア生まれ。大阪大学基礎工学部電気工学科卒業。大学卒業後は通信業界で働くが、その後北京電影学院監督コースに入学。卒業後、2010年北京で「アフター・オール・ディーズ・イヤーズ」を自主制作し、長編デビュー。その後、香港で「マジック&ロス」(2010年)、大阪で「新世界の夜明け」(2011年)、「恋するミナミ」(2013年)を監督。2016年に中国全土で一般公開された商業映画「愛在深秋」(「Love in Late Autumn」)(2016年)を監督する。作品は世界各国の映画祭をはじめ、東京や大阪、ニューヨークのアート系をはじめとする劇場で特集上映された他、日本でも各地で劇場公開される。本作「どこでもない、ここしかない / No Where, Now Here」はバルカン半島で撮影を敢行した初の作品であったが、2018年夏に、再度バルカン半島へ渡り、セルビア、クロアチア、モンテネグロで長編映画7作目「Somewhen, Somewhere」を監督するなど、国籍や国境にとらわれない作品制作を続ける。現在は、大阪3部作の3作目「Come and Go」を準備中。 公式HPより引用 俳優はスロベニアに住む一般住民! 『どこでもない、ここしかない』 この映画にプロの俳優は出演していない。 なんと地元に住む人たちの生活を、そのまま切り取って映画にしたのだ! 脚本もあえて使わずに、監督の頭の中にあるイメージを現地の人たちに伝え即興で創り上げた。 ストーリー スロベニアの首都リュブリャナでゲストハウスとアパートメントの経営をしているフェデルは、近年の観光と不動産ブームに乗り経済的に成功する。しかし、彼はイスラム教徒でありながら、所有するゲストハウスに宿泊した女性や知人の彼女にも手を出すような男であった。ある日、妻のヌーダンは、フェデルの女癖の悪さに耐え切れず家を出てしまう。やっと妻の大切さに気付いた彼は、マケドニアの田舎町へ彼女を取り戻しにいくのだが― 妻に逃げられた男の物語を軸にバルカン半島に生きるトルコ系マイノリティ社会にまで迫った傑作。 公式HPより引用   主人公の夫フェデルと妻のヌーダンは、実際の夫婦であり、夫は劇中で演じているそのままの人物らしい。 妻は、夫の女癖を知りつつも見て見ないふりをしていたそうだ。 そこで、リム監督は妻が家を出ていったらフェデルは、どうするのか? 妻の大切さに気づくのか??を撮ったのである。 後日談として、映画クランクアップ後に、フェデルとヌーダンの間に子供ができ今は家族で仲良く暮らしているというエピソードが最高にハッピーだった。 これを踏まえた上で映画を観てもらえると何倍も映画を楽しめるはずだ。 上映情報 《どこでもない ,ここしかない》 シネ・ヌーヴォ & シネ・ヌーヴォX 12月8日[土]〜 12月14日[金]: 上映18:40〜  12月15日[土]〜 12月21日[金]: 上映12:50〜  12月22日[土]〜 12月28日[金]: 上映15:40〜* (*シネ・ヌーヴォXでの上映)   【一般】1,800円【学生・シニア】1,100円 【会員】1,000円 【前売券】1,300円 劇場窓口にて好評発売中! ※日本語・英語字幕同時上映。   『どこでもない、ここしかない』イベント 12/8(土)18:40の回上映後トークショー ゲスト:リム・カーワイ監督、戸田ひかる監督(『愛と法』、小田香監督(『鉱ARAGANE』) 12/14(金)18:40の回上映後ミニトーク ゲスト:リム・カーワイ監督、毛利英昭さん(KANSAIPRESS 主宰) 12/28(金)15:40の回上映後ークショー ゲスト:リム・カーワイ監督、田中泰延さん(青年失業家) なんとKANSAIPRESSもイベントに参加します! 是非、劇場にお越しください! イベントURL