観光スポット

EVENT

京都の夏の風物詩!「祇園祭」の日程と見どころ紹介

みなさんこんにちは。京都の三大祭りといえば、春の葵祭。夏の祇園祭。秋の時代祭。 今回はそんな京都の夏の風物詩とも言える、祇園祭について紹介したいと思います♪ 祇園祭といえば宵山や山鉾巡行というイメージが強い方も多いのではないかと思いますが、そのほかにもたくさんの見どころがあります。 祇園祭りの日程 まずは祇園祭の日程について紹介いたします◎ 祇園祭は7月1日の吉符入からはじまり1ヶ月間様々な行事があります。 日時 行事 7月1日~7月5日 吉符入 ※見学不可 7月1日(10時〜) 長刀鉾町お千度 7月2日 くじ取り式 ※見学不可 7月5日(15時15分~) 吉符入~長刀鉾稚児舞披露 7月7日(14時30分〜) 綾傘鉾稚児社参 7月10日~7日 前祭山鉾建 7月10日(16時30分~) お迎え提灯 7月10日(18時頃〜) 神輿洗 7月12日~13日 前祭鉾曳き初め 7月13日(11時〜) 稚児社参 7月13日(14時〜) 久世駒形稚児社参 7月14日~16日 前祭宵山(宵々山) 7月17日(9時〜) 前祭山鉾巡行 7月17日(18時〜) 神幸祭 神輿渡御 7月18日〜21日 後祭山鉾建 7月20日 後祭鉾曳き初め 7月21日〜23日 後祭宵山 7月24日(9時30〜) 後祭山鉾巡行 7月24日(10時〜) 花傘巡行 7月24日(17時頃〜) 還幸祭 7月28日(18時頃〜) 神輿洗 7月29日(16時〜) 神事済奉告祭 7月31日(10時〜) 疫神社夏越祭 このようにさまざまなお祭りが各所で行われます。 祇園祭の雰囲気を味わいたいならやはり、7月14日〜16日の宵山をオススメします! ※宵山では15日、16日のみ18時〜23時の間に歩行者天国になり出店が出店され、山鉾を鑑賞することができます。 祇園祭の見どころ その1「山鉾巡行」 出典[https://mainichi.jp/graphs/20180717/hpj/00m/040/001000g/1] 長刀鉾を先頭に23基の山鉾が巡行する景色は「ザ・祇園祭」そのものです。 前祭では四条烏丸からスタートして、四条通~河原町通~御池通~新町通を経由し新町御池を目指します。 後祭では前祭と逆のルートで新町御池からスタートで四条通を目指します。 祇園祭の見どころ その2「宵山祭」 やはり祇園祭といえばみなさん楽しみにしているのは歩行者天国になり出店が出店して多くの人で四条通りが賑わう宵山ではないでしょうか? 日が暮れて駒形提灯に明かりが灯り、祇園囃子が流れるなか、山鉾を鑑賞できる宵山。とても素敵な景色ですよね。 御札やちまきを買うこともできるので購入したいという方は必見です。 前祭では山鉾に搭乗観覧することもでき(山鉾によって有料だったり条件有り)、とても貴重な体験になると思うのでぜひ搭乗してみてください♪ コンチキチンと笛や鈴の音、太鼓の音が鳴り響き、祇園祭独特の空間を味わいたい方はぜひ15日、16日の歩行者天国に遊びに行ってみてください。 祇園祭の見どころ その3「神輿洗」 出典[http://www.imamiya.jp/haruhanakyoko/she/gion01/thumbnail.htm] 神輿洗では、山鉾巡航の際に使う神輿を鴨川の水で清めます。 大たいまつが八坂神社と四条大橋の間を往復して清めた後に、白い法被姿の氏子らが四条大橋まで神輿を担ぐのですがその景色は圧巻です。 祇園祭り独特の空気感に活気のある様子をぜひご覧いただきたい方は観覧してみてください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は祇園祭の日程やみどころを紹介させていただきました。 今回紹介した他にもたくさんのみどころがいっぱいあるのでぜひ京都の祇園祭に足を運んでみてください♪  

観光スポット

猫好きには堪らない!京都の梅宮大社

みなさんこんにちは! 京都といえば、古き良き街並みや古い建築物、歴史ある神社仏閣。 そこで今回は、猫好きの方にはぜひ訪れて欲しい京都市右京区の梅津にある「梅宮大社(うめのみやたいしゃ)」を紹介したいと思います。 なぜ猫好きには堪らないのかというと、梅宮大社のまたの名を「猫神社」と言われているからです! ※一部の方に呼ばれている 詳しくはまた後ほど紹介いたします♪ 梅宮大社ってどんな神社? 梅宮大社は、奈良時代750年頃に創建された橘氏の氏社で酒解神、酒解子神(大山祇、木花咲耶姫)を祭ってある酒造と安産の神がいる神社として古くから信仰されています。 由緒書によると、奈良時代に橘氏の祖である橘三千代(たちばなのみちよ)が橘氏の氏神として現在地より南(現在の綴喜郡井出町付近)に創建したことに始まるとされており、その後平安初期に第52代嵯峨天皇の皇后・橘嘉智子(壇林皇后)によって現在の京都市右京区の場所に還されたそうです。 壇林皇后が子供を授かれなかった際に、本殿横にある「またげ石」をまたいで子供を授かったことから、現在も石をまたげば子宝に恵まれると言われています。 猫がたくさん猫神社 はい、お待たせいたしました。冒頭から気になられていた方がおられると思いますが、なぜ梅宮大社が猫神社と言われているのか! 実は梅宮大社の境内の中にたくさんの猫がいるのです!! 出典(https://www.travel.co.jp/guide/article/32335/) 20年ほど前に梅宮神社が保護した野良猫ちゃんが子供を産んでどんどん増えていったそうです。笑 猫と安産は深い関係があるので縁起良くて素敵ですね♪ 現在は14匹ほど境内の中をウロウロしていますよ!猫好きの方はぜひ遊びに行ってみてください♪ 出典 (https://ktaro1977.com/kyoto/kyoto-spot/umenomiyataisha) 綺麗な季節の花々もみどこと 梅宮大社にはいろいろな見所がありますが、春から初夏にかけてツツジやハナショウブ、あじさいなど季節の花々がとても綺麗に咲くのでそれも必見です! 出典(https://www.travel.co.jp/guide/article/26961/) 梅宮大社には3000坪の大きな、池泉式回遊庭園「神苑」があり、四季折々の花が楽しめるすばらしい神社なのです! ぜひ美しい花々を拝見しに行ってみてください♪ [神苑料金 大人:550円・小人:350円] まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は猫が境内の中で普通に見ることのできる猫神社、梅宮大社について紹介させていただきました。 梅宮大社には安産祈願で来社される方も多く、四季の花を楽しみにこられる方、猫の写真を撮りに来る方、いろんな方が訪れる神社です。 今回紹介していませんが梅宮大社にはお祭りなども多くあり、気になる方はぜひ訪れてみてください。 梅宮大社の情報 住所:〒615-0921 京都府京都市右京区梅津フケノ川町30 アクセス:阪急電車嵐山線 松尾大社 徒歩約15分 京都市バス 梅宮大社前 徒歩約3分 電話番号:075-861-2730 営業時間:9:00~17:00 定休日:無休  

大阪 観光 スカイビル スカイビルタワー 梅田 夜景 観光地 観光スポットTravel

高いところ好き必見!梅田スカイビルの「空中庭園」に行くと、大阪を一望できる!

高い場所から眺める景色。 その景色はとても素晴らしく、まるで神になったかのような気分にさせてくれます。 神になりたいかどうかはさておき、日本・世界の観光地に高所が上位ランキングしていることを聞くと、「人は高い場所へ行くことが好き」という事実が少なからず実在することを認識できますね。 日本では、日本三大夜景と称される「函館山」をはじめ、高所から眺めれるロマンチックな景色が人気爆発。 どれほど多くの日本人カップルが、これらの景色を目の前にして誕生したのか計り知れません。 参照函館市公式観光サイトはこぷら:夜景 世界の人気観光地1位のパリでも、高所からの景色は人気みたいです。 モンパルナスタワー展望台からの景色は、パリを一望できることで有名なんだとか。 やはり高所からの視点(神の視点)で街を眺めると、人は優越感に浸れるのかもしれませんね。 参照 PARIS City VISION:モンパルナスタワーチケット 前置きが長くなりましたが、私の住んでいる大阪にも高所から町並みを眺めれる場所があるみたいです。 旅好きな私としては「行く以外に選択の余地がない」ため、さっそく現地に行ってみることにしました! 大阪駅から歩くこと10分、お目当ての建物が… 大阪駅付近にあると聞き、目的地の方向へ進み出しました。 駅付近で高所から見渡せれる場所と言われて思い浮かぶのは、高層ビルばかり。 まさか高層ビルから眺める景色が有名なのでしょうか…? 「それらしき建物」が見えてきました。 鏡のように大阪駅の景色を反射しまくる建物、その名は梅田スカイビル。 何もかもを反射するこのビルに近づくと、目がチカチカします。 梅田スカイビル(うめだスカイビル)は、1993年3月に完成した、大阪府大阪市北区大淀中の新梅田シティ内にある超高層ビルである。 ウィキペディア:梅田スカイビルより引用 25年前に完成した超高層ビルみたいですね。 この見た目からは、完成してから25年経ったとは感じられない。 この梅田スカイビル、近づいて観察してみると「ある特徴的な構造」に気付くことができます。 参照 ぐるたび:空中庭園から望む大阪の絶景!梅田スカイビルの見どころ10選 なんと、ビルとビルの間に空間が!(このビルの構造から、未来の凱旋門と外国で評されたんだとか。) この空間こそが、今回の目的地である「空中庭園展望台」です。 空中庭園展望台へ、いざ参る 梅田スカイビルに入り、案内看板を辿ると空中庭園の入り口っぽい場所に着きました。 思っていた以上にオシャレな見た目で、少し驚いた私たち。 壁には何やら、文字が刻まれていました。(どこの国の言語かは、筆者の頭では悲しくも理解できず…。) 謎の文字が刻まれている通路を進んで行くとエレベーターがあるので、係員さんの誘導に従って乗り込みます。 (この魔法陣みたいなマットがあれば、空中庭園に続くエレベーターで間違いありません。) エレベーターで登る時のスピードが早いため、思っている以上に怖いです…。(一瞬ゾワっとしました。) エレベーターで登り切ると、次はエスカレーターに乗ります。 乗り降りすることが面倒かもしれませんが、いい景色を見るためにはこれくらいのことは仕方がありません。 エスカレーターの左右はガラスで景色が丸見えになっており、ジェットコースターで今まさに頂上に向けて登っているかのような感覚に陥ります。 バンジージャンプ経験者の私でも、空中庭園までの道のり(エレベータとエスカレーター)はかなりこたえます。 エスカレーターを上り終えると、すぐ目の前にチケット売り場がありました。 屋内展望フロアに到着 チケットを購入後、すぐ目の前にある短いエスカレーターを登った先にある場所が屋内展望フロア。 屋内展望フロアは円形の構造であり、壁はエスカレータと同様にガラスで作られていました。 「下を見ると足が震える」という恐怖心に打ち勝ってガラスに近づくと、こちらのような風景を目に焼き付けることができます。めちゃくちゃ怖い…。ただそれだけに尽きます。 屋内展望フロアにおいて、個人的に関心を持ったスポットはというと…。 奇妙な形をしたソファー くつろいで景色を眺めるための椅子や机がある中、嫌でも目についたソファーがこちら。 なかなか競争率が激しいため、座るのが困難かもしれません。(座れた人はラッキーかも!) カップル用の南京錠 数多くの観光地でもよく見かけるこの南京錠を、空中庭園内でもお目にかかれるとは。(意外にも数が多くて、驚きました。) 大切な人との記念として、南京錠を空中庭園で作るのも良いかもしれません。 と言っても、私たち2人は軽やかにスルーしましたが…。 紹介した2つのスポット以外にも、カフェスペースなどが設けられていました。 景色を楽しみながら、好きなドリンクを飲む。これは想像しただけでも最高ですね。 ついに屋上へ! 空中庭園から景色を眺められるのは、先ほど紹介した屋内展望フロアだけではありません。 なんと、屋外を歩きながら景色を堪能できるエリアがあるんです!(悪天候時には封鎖されているので、行けるかは天気次第。) スカイ・ウォークとも呼ばれるそのエリアに進んで、目に映った景色がこちら。 こ、これはすごい。大阪の町並みを、風を感じながら一望できます。(思っている以上に風が強い。) ↓この景色をバックに撮影すると、誰でも「かっこいい雰囲気」という魔法を手にすることができる気がしました。 屋内から見る景色との違いははっきりしていて、やはり景色はガラス越しではなく生で見るのが一番だと悟りましたね。 屋上スペースはくるっと一周回れる構造になっており、場所によって見える景色がガラッと変わります。 この時は昼間でしたが、夜景や花火などをこの場所で見れると絶対に綺麗ですよね。(いつかリベンジします。) 空中庭園から見える大阪の景色を、一度見て欲しい 今回の記事では、梅田スカイビルにある「空中庭園」の紹介をしてきました。 大阪駅から徒歩10分というアクセスの良さからか、観光地としても有名な場所の1つです。 「景色を堪能したい!」や「いつもと違う視点から大阪を眺めたい」という方、ぜひ足を運んでみてください! 住所:大阪府大阪市北区大淀中1丁目1−88 梅田スカイビル アクセス:JR大阪駅から徒歩10分程度 電話番号:06–6440–3855 営業時間:9:30〜22:30(最終入場22:00) 定休日:なし リンク:https://www.kuchu-teien.com