【トスカーナの魅力を多くの人に届けたい】Osteria COMODO HIRO(オステリア コモドヒロ)【テイクアウトOK】

アイキャッチ画像=Osteria COMODO HIROのシェフ宮津宏信さん
イタリアン

ゆったりと寛ぎながらトスカーナ料理を味わってほしい

なっぱカレー天ぷら割烹昌ワインバーロカスに続く大阪西天満4軒目。今回はイタリアンレストラン「osteria comodo hiro(オステリア コモド ヒロ)」をご紹介。

北新地からもすぐ、アメリカン総領事館のすぐ近所にあり、お店の外には大きなオリーブの木と、おもわず「ただいま」と言いたくなるような木の温もりが感じられる外観と店内。オステリアコモドヒロはオープンして二年目になる。厳選された旬の素材を使ったトスカーナ料理と手打ちパスタ、土着のブドウ品種を使ったイタリアンワインを中心に提供、イタリア・トスカーナの魅力に惹かれたシェフのもてなす料理に、訪れる客は思わず舌鼓。普段使いしやすいお店なので、仕事帰りや仲間と、一人でも気軽に立ち寄れる。

「osteria comodo hiro(オステリア コモド ヒロ)」のcomodoとは、イタリア語で「のんびり」「くつろいだ」という意味を持つ。シェフの宮津宏信(ひろのぶ)さんの名前の「ヒロ」をとって「comodo hiro」とつけられた。

シェフの宮津宏信さん

宮津さんは静岡県浜松市出身、大阪の辻調理専門学校卒業後、南森町のイタリアン「ビランチャ」や兵庫県のイタリアン、北新地のワインバルなどで多様な経験を積んで、comodo hiroをオープン、若いころから独立という目標を持っていた宮津さんは「ビランチェ」でドルチェ担当をしなかったことからドルチェも作れるようにと奈良の吉野にあるケーキ屋さんでも二年間経験されたそう。

本場に行き本物を見て触れた経験が、現在の料理に繋がっている。

comodo hiroはトスカーナ料理を中心に楽しめる。このお店をオープンされる前に本物に触れるため、本場トスカーナに行き数々のトスカーナ料理やワインに触れてきたそうだ。「8キロ太って帰ってきました(笑)」と宮津さん。

イタリアトスカーナでの写真

「目からうろこ」な経験

例えば今まで習ってきたレバーペーストは半生に仕上げて臭みを無くして甘みを入れるのに対し、トスカーナでは火を入れ切ってケッパーやアンチョビなどといった塩味を入れる。バゲッドも焼かずにふわふわのまま出すという、今まで習ったこととは真逆の発想をしていることに気づく。

「トスカーナでの経験が後に自分の武器になって、今のお店のメニューや調理法に生かされている」と宮津さんは言う。

豆やタコの火入れにしろ、皮を固くなるのを防ぐために塩をしないとのこと。日本では考えられなかった調理法だと。お店でもタコを使った料理はお客さんから定評がある。トスカーナで学んだことはしっかり宮津さんの素材選びや料理に活かされているのだ。

宮津シェフ 推しメニュー

お店のおススメメニューを聞きました。

手打ちのパスタ

ランチでは定番のメニューです。オーダーが入ってから切り出して伸ばしていくため、もちもちの食感と弾力が楽しめる。打ちたての味は他ではなかなか食べられない。

浜名湖もち豚と大浦ごぼうのラグー手打ちパスタ

「白子とレモンのクリームパッパルデッレ」 バゲッドもふわふわ、オリーブオイルもトスカーナのもの

高知の土佐のあか牛イチボの炭焼き

赤みの味がしっかりしていて脂がくどくないのが特徴の土佐のあか牛。イチボとは牛のお尻の部分のお肉で人間に例えると、おしりのえくぼの部分で非常に希少な部位である。しかも1頭からごくわずかしか取ることができないんだとか。

土佐のあか牛の炭焼き

メニュー 

緊急特別宣言期間中はメニューの数をいつもより少なめにしているとのこと

ランチメニュー

宮津さんに質問

浜松出身の宮津さん、大阪に住んで16年目とのことですが、静岡県民からみた大阪の印象を聞いてみました。「まず、勢いとノリが良いですね。あといい意味で白黒はっきりつける人が多い。常にオチを求められるのはたまに困りますけど(笑)お客さんにしろ、親身になってくださる方が多い。一人暮らしをしている時は周りに助られたことが多かったです」とのことです!

宮津さんは言う。「まずは、今の店を成功させたい。大阪で店舗展開してより多くの人に「comodo hiro」を知ってもらいたい。今世の中は大変な状況ですが、一人一人の姿勢が大切。早く普段通りの生活に戻れるように、一致団結して今の局面を乗り越えましょう」

緊急事態宣言の期間中はテイクアウトも行っています。

COMODO HIRO店舗情報

住所:大阪市北区西天満4-12-22第三青山ビル1階
アクセス:JR東西線北新地駅から徒歩6分、谷町線東梅田駅から徒歩5分、御堂筋線淀屋橋駅から徒歩7分
電話番号: 06-6131-3663
営業時間:月~土 昼11:30~13:30(L.O.)夜17:30~22:00(L.O.)
定休日: 日曜日(祝日は夜のみの営業)
席:テーブル席10名まで、カウンター席7名まで
現在緊急事態宣言に伴いランチタイムは11:30~14:00頃L.O.

ディナータイム16:00~19:00L.O.20:00closeとのことです

KANSAIPRESS編集部から

今回取材してかんじたことは宮津さんは料理以外にも言葉の使い方のセンスが良いということ。ライターの端くれとして大変勉強になりました。ちなみに私、宮津さんと同い年かと思うのですが、こうして頑張っている同年代を見ると力をもらえます。落ち着いたら家族で食べに行きますね♪

取材・文/後藤麻希